なかつぼクリニック、栃木市、内科・外科・消化器内科・肛門外科・泌尿器科・麻酔科、内視鏡検査、人間ドック

なかつぼクリニック

診療について

無痛性内視鏡検査

無痛性内視鏡検査

☆当クリニックは、栃木市胃がん検診精密検査指定医療機関です。
☆胃カメラは、月曜から土曜までの週6日 毎日実施しています。

当クリニックでは、苦痛なく安心して上部消化管内視鏡検査(胃カメラ)を受けていただけますよう専門クリニックならではの工夫をこらしています。患者さま一人ひとりにあった検査方法を選ぶことができますので、以前に内視鏡でつらい思いをした方もご相談ください。

■無痛内視鏡検査■

検査の直前に抗不安剤(ミタゾラム ジアゼパム)の注射を行い、傾眠状態(うとうとした状態)の間に内視鏡検査を行うため、患者さまは苦痛がほとんどありません。
※検査後1~2時間ほどベッドで休んでいただきますので、時間に余裕をもってお越し下さい。抗不安剤の使用後は自動車や機械類の運転は避けてください。
※アレルギーのある方、合併疾患や現在内服中のお薬によっては、抗不安剤を使用できないことがあります。担当医師看護師にご相談ください。

■経鼻胃内視鏡検査■

鉛筆よりもひとまわり細い細径の内視鏡を鼻の穴から挿入して検査を行います。検査中も医師看護師と普通に会話ができ、ご自分もモニター画面で検査の様子を見ることができます。のど(咽喉頭)が敏感な方に特におすすめしたい検査方法です。
※鼻の疾患(鼻出血 鼻中隔彎曲症 副鼻腔炎など)の既往がある方は、内視鏡を挿入できないことが
あります。この場合は他の検査方法に変更することがあります。
使用機種・・・ オリンパス GIFH290
富士フイルムメディカル EG580NW 550WR

◇上部消化管内視鏡検査(胃カメラ)の前日は、20時までに夕食を済ませ、以後は何も食べずに来院してください。検査の2時間前までは、透明な飲み物(水 茶 スポーツドリンク等)は飲んでもかまいません。

大腸内視鏡検査

大腸内視鏡検査

☆消化器疾患・痔疾患の専門クリニックとして、大腸内視鏡検査まで長期間お待たせすることがないよう努めています。必要があれば緊急検査にも対応しています。
☆当院は、栃木市大腸がん検診精密検査指定医療機関です。

食生活が欧米化し大腸の病気が増えています。大腸がんの場合、下血、腹痛、腸閉塞などの症状が起こった時には、すでに進行がんになっていることが少なくありません。また、直腸の病気を自己判断で痔と決めつけてしまい、発見が遅れる方がいまだ見受けられます。定期的な便潜血の検査で異常を認めた場合には、症状が無いうちに精密検査を受けることが大切です。
大腸がんの原因として、大腸ポリープが10mm超まで大きくなり、その一部ががん化する腺腫内がんが挙げられます。大腸ポリープが発見された場合には、定期的な内視鏡検査を行い、ポリープが大きくなる前に切除する(ポリペクトミー)必要があります。

 観察範囲・・・   全大腸(大腸のはじまりである盲腸まで内視鏡を進め観察します)
 検査の適応・・・  結腸の疾患(大腸がん検診、大腸がん、大腸ポリープ、潰瘍性大腸炎など)
        直腸の疾患(直腸がん検診、直腸がん、クローン病など)
 使用機種・・・  オリンパスEVIS LUCERA ELITE PCF-H290I
          富士フイルムメディカル 下部消化管用スコープ EC-590MP EC590ZP
所要時間・・・  およそ7~20分間

◇大腸内視鏡検査は、緊急検査を除き完全予約制です。
◇大腸内視鏡検査には、検査前の準備(下剤を飲んでいただきます)が必要です。そのため、全員の患者さまに、事前の担当医師の診察と検査の準備に関する説明を受けていただきます。よって、電話やメールでの検査日時の予約はお受けできません。ご了承ください。

前立腺 ぼうこう外来

 ぼうこうがんは、小さく浅いもの(非慢性性ぼうこうがん)は内視鏡手術にて治療が可能ですが、血液検査やCTなどによる診断が困難なため、ぼうこう鏡検査が不可欠なものとなります。前立腺肥大症や前立腺がんの治療方針の決定には、尿道内視鏡検査で尿の通過への影響を正しく評価することが重要です。また、ぼうこうの機能障害や位置の異常(ぼうこう胞)を検査することもできます。
当クリニックでは、細くてしなやかな「軟性」尿道ぼうこう内視鏡を使い、刺激が少なく苦痛ない検査を行います。検査は胃カメラと同じベッドで行いますので、特別な検査台に乗っていただく必要もありません。

 観察範囲・・・  尿道、ぼうこう
 検査の適応・・・ 尿道(前立腺肥大症、尿道狭窄など)
 使用機器・・・ オリンパス  
 所要時間・・・  5~15分

小児外科診療について

木曜日午後の時間に小児科・小児外科診療を行います。

腹痛、嘔吐、腹部膨満、下痢、便秘、下血、胃の痛みなどの小児の消化器疾患、体表や頸部や胸腹部の腫瘤、鼠径ヘルニアや臍ヘルニアなどのヘルニア、停留精巣や包皮炎、陰唇癒合など泌尿器科系疾患、胸腹部、四肢の外傷の診察をいたします。発熱、発疹などの感染症、喘息や花粉症などのアレルギー疾患など小児科疾患の診察もいたします。
ご相談ください。

なかつぼクリニック

なかつぼクリニック

〒328-0075
栃木県栃木市箱森町36-2

Tel.0282-20-5252

診療内容

◆ 消化器内科
◆ 外科
◆ 肛門外科
◆ 泌尿器科
◆ 内科
◆ 麻酔科(麻酔科標榜医 中坪直樹)
◆ ボトックス外来
特殊外来 : 禁煙外来  ピロリ菌外来  前立腺ぼうこう外来(毎週火曜日午後) 不整脈外来(毎月第4日日曜日午前)